家族葬は現代感覚のお葬式

家族葬は現代感覚のお葬式 最近よく家族葬というのを耳にしたり広告で見かけたりします。今までの一般的なお葬式とは何が違うのでしょうか。今まで一般的に行われてきたお葬式というのは、家族でのお別れを優先にした儀式ではありませんでした。どちらかというと、対社会的な人間関係とか地縁の人たちとの別れのための儀式の意味合いが強い傾向がありました。もちろん家族との別れでもありますが、それは後回しにされてるような部分もありました。来客の接待、料理、お葬式の段取りなどの準備が優先されて、ゆっくりと故人との別れを惜しむ間がない場合も多く、何のために時間と費用をかけてお葬式をするのかと思う人も少なくなかったようです。

社会的な立場、仕事の関係、所有する財産などでお葬式の中身が決まることも多くありました。特に立派な家柄や地域の名家などでは、残された家族や個人の遺志に関係なく立派なお葬式を行わなざるをえないこともあります。また親戚筋が冠婚葬祭に関して口をはさんでくることも多くあり、お葬式というのは家族や親しかった人たちのためのものというより、社会や他人への体裁のためのお葬式になってるような感じも否めませんでした。最近は人間関係が希薄になり、そういう村意識が無くなってきて、自分の希望に合ったお葬式ができるようになってきたのです。

家族葬が最近流行ってきている理由のひとつに高齢化社会があります。寿命が延びると、親戚知人もいなくなって人間関係も希薄になることもあります。近所の付き合いも薄くなってる時代ですから、いざお葬式となっても呼ぶ人もあまりいないということもあるでしょう。そうなったら密葬と同じような形で、会葬の必要のないお葬式である家族葬でひっそりと済ませた方がいいという方が増えてきたのでしょう。家族葬だとお金もあまりかからず、時間も手間もかからず、いらない見栄や体裁を気にすることもなく、本当に送ってほしい人だけで送ってほしい方法を選択することができます。

また、自分が亡くなるときにはこういう人だけに知らせてとか、こういうものを供えてとか、こういう音楽をかけて送り出してほしいとか、自分が亡くなった時も自分のお葬式をコーディネートして頼むこともできます。人生の最後に自分が望む通りの方法で送ってもらえるという幸せがあります。

しかし人は一人で生きてきたわけではないので、家族葬であっても周囲へはしっかりと告知し、礼節は欠かさないように行うことは大切です。それはどんなお葬式であれ共通していることです。

最新ニュース